あらすじネタバレ

シティーハンターが実写化?面白いの?ツイッターの評判や口コミを調査!

シティーハンターが実写化?面白いの?ツイッターの評判や口コミを調査!

今回は「シティーハンター」の実写映画についての評判や口コミをご紹介します!

シティーハンターは過去2度、実写映画化されているのをご存じですか?

実写1作目は、なんとジャッキーチェン主演で香港が舞台です。

実写2作目はフランスで制作されており、監督を務めたフィリップ・ラショーは、大の「シティーハンター」ファンで、自ら脚本も手がけています。

それでは「シティーハンターが実写化?面白いの?ツイッターの評判や口コミを調査!」をご紹介します。

 

シティーハンターの実写映画は2つある!

1作目:シティーハンター(香港)

まずは1作目の香港版からご紹介します。

タイトルシティーハンター(原題: 城市獵人)
公開年1993年
監督・脚本バリー・ウォン
主演ジャッキー・チェン
挿入歌宇都宮隆「Dance Dance Dance」

~あらすじ~

凄腕の「私立探偵」冴羽獠(広東語での役名は孟波)は、日本の大手新聞社の社長令嬢・清子を探し出して日本に連れ帰るよう依頼される。しかしその途中、テロ集団が清子の乗った豪華客船を乗っ取ってしまう。冴羽は単身この危機に挑んでいく。

引用:ウィキペディア

ジャッキーチェンの映画なので、やはりアクションが多めです。

社長令嬢・清子役は後藤久美子が演じており、彼女もスタントシーンを披露しています。


2作目:シティーハンター THE MOVIE 史上最香のミッション(フランス)

2作目はフランスで制作されました。

タイトルシティーハンター THE MOVIE 史上最香のミッション
公開年2019年
監督・脚本フィリップ・ラショー
主演フィリップ・ラショー
特報テーマ曲TM NETWORK 「Get Wild」

フランス版の「シティーハンター」は、監督自ら脚本・主演も務めています。

というのも、監督は大のシティーハンターファンだそうで、原作者の北条司に映画化を直談判したそうです。

そして18か月もかけて脚本を作り、念願の映画化となりました。

~あらすじ~

ある日、獠はその香りを嗅いだ者を魅了する「キューピッドの香水」を警護する依頼を受ける。しかし、何者かに一瞬のすきをつかれ香水の入った鞄が奪われてしまった。香水の効果を試していた獠と香は、香水の効果が永遠に消えなくなる48時間後までに香水の奪還を強いられることになる。

引用:ウィキペディア


シティーハンター実写のツイッター評判や口コミを調査!

ここからは、実写版のシティーハンターについての評判や口コミを調査してみましたので、まとめてお伝えします。

フランス版の実写映画がかなり評判がいいです!

というのも、監督のフィリップ・ラショーは、アニメの実写化に特にこだわりをもったそうで、原作を忠実に再現できるように細心の注意を払った、とのことです。

彼はドラゴンボールの実写化で失望した経験から、自分が大好きな「シティーハンター」は必ず成功させたかったと語っています。

これはかなり愛のあるエピソードですよね!

 

シティーハンターが実写化?面白いの?ツイッターの評判や口コミを調査!まとめ

「シティーハンターが実写化?面白いの?ツイッターの評判や口コミを調査!」をご紹介してきましたが、いかがでしたか?

原作は少年ジャンプのマンガでしたが、アニメ化、アニメ劇場版、実写映画化と進歩してきた「シティーハンター」。

ハードボイルドな内容ですが、コメディな面も多々あるので、大人から子どもまで楽しめる人気作品ですよ!

気になった方はぜひ実写映画もご覧ください。

以上「シティーハンターが実写化?面白いの?ツイッターの評判や口コミを調査!」でした!

Pocket