あらすじネタバレ

コンフィデンスマンのドラマ時系列まとめ!スペシャル運勢編と映画ロマンス編も紹介!

この記事では、「コンフィデンスマンJP」のドラマ時系列まとめと「スペシャル運勢編」と「映画ロマンス編」も紹介しています!

2018年4月クールの月9ドラマ「コンフィデンスマンJP」。

コンフィデンスマン(信用詐欺師)に扮し、さまざまな悪人からお金をうばう痛快エンターテイメントコメディ。

主演の長澤まさみ扮するダー子の七変化や、振り切った演技がとてもおもしろい人気ドラマです!

 

コンフィデンスマンのドラマ時系列

2018年4月9日〜6月11日まで放送された月9ドラマ「コンフィデンスマンJP」。

放送日やあらすじをまとめたのでさっそく見ていきましょう!

 

コンフィデンスマンのドラマ放送日と時系列の表まとめ

コンフィデンスマンのドラマ放送日

放送日は以下のようになっています。

  • 第1話 ゴッドファーザー編・・・2018年4月9日
  • 第2話 リゾート王編・・・4月16日
  • 第3話 美術商編・・・4月23日
  • 第4話 映画マニア編・・・4月30日
  • 第5話 スーパードクター編・・・5月7日
  • 第6話 古代遺跡編・・・5月14日
  • 第7話 家族編・・・5月21日
  • 第8話 美のカリスマ編・・・5月28日
  • 第9話 スポーツ編・・・6月4日
  • 第10話(最終話) コンフィデンスマン編・・・2018年6月11日

 

コンフィデンスマンのドラマ時系列

コンフィデンスのドラマは時系列が放送日と異なるんですよね!

わかりやすいように表でまとめてみました。

放送日時系列順
第1話 ゴッドファーザー編2
第2話 リゾート王編3
第3話 美術商編7
第4話 映画マニア編8
第5話 スーパードクター編10
第6話 古代遺跡編6
第7話 家族編4
第8話 美のカリスマ編9
第9話 スポーツ編5
第10話(最終話) コンフィデンスマン編

もう一度見るならこの順番!

  1. 第10話(最終話) コンフィデンスマン編
  2. 第1話 ゴッドファーザー編
  3. 第2話 リゾート王編
  4. 第7話 家族編
  5. 第9話 スポーツ編
  6. 第6話 古代遺跡編
  7. 第3話 美術商編
  8. 第4話 映画マニア編
  9. 第8話 美のカリスマ編
  10. 第5話 スーパードクター編

 

コンフィデンスマンのドラマ各話ごとのあらすじ・みどころ

コンフィデンスマンのあらすじやみどころを各話ごとに紹介します!

 

ドラマ「コンフィデンスマンJP」第1話

社会貢献活動に積極的な慈善家として有名な赤星ですが、裏の顔はヤクザのボス。

土地買収を拒否した団子屋の老夫婦を追い出したことによりダー子のターゲットに。

ダー子は巨額の裏金を国税局から見つからないように海外に移動させようと企てる赤星に、空港の職員にワイロを渡せばうまくいくというニセ情報を流します。

そしてCAになりすましたダー子とボクちゃんと共に、赤星と裏金がはいったスーツケースを乗せて飛び立ちます。

ですが、飛行機のトラブルが起こりダー子や赤星の運命は・・?

みどころは、ダー子のCA姿!似合っていてとても可愛いです。ダー子のコスプレが好きなひも多いはず!

 

ドラマ「コンフィデンスマンJP」第2話

ダー子、リチャード、ボクちゃんはロシアンマフィアの詐欺に失敗。

それによりボクちゃんはふたりと絶縁することに。

そしてボクちゃんは老舗温泉旅館「すずや」に住み込みで雇ってもらいます。

ですが、すずやはネットの書き込みにより売り上げは悪化していました。

悪い口コミを書かせたのは桜田リゾート社長桜田しず子。

目をつけた旅館や土地を悪どい手口で安く買っていたのです。

しず子はすずやをタダ同然で買収しようとしていて、買い戻すには1億5000万円が必要と知り、だまって見ていられないボクちゃんはダー子のもとに戻り事情を説明します。

そしてターゲットのしず子から大金を奪う計画がはじまります。

みどころは、ボクちゃんの騙されても変わらずのやさしい行動です!

 

ドラマ「コンフィデンスマンJP」第3話

一流の美術評論家として有名な城ヶ崎善三は、女グセが悪いことでも知られていました。

ボクちゃんの友人ユキをもてあそび捨ててしまいますが、ショックによりユキは自殺未遂をおこしたため、城ヶ崎がターゲットに。

城ヶ崎は悪どい金儲けをしながら裏社会とつながっていました。

1回目の計画は失敗におわり、別の作戦へ変更。

そしてダー子が考えた架空の無名画家による絵をオークションに出品。

城ヶ崎はこの無名画家を自分が発掘した画家だとしてお墨付きをつけましたが、ほかのひとに落札されてしまいました。

この絵を買い戻したい城ヶ崎の行動は落札者のもとを訪れますが・・・

みどころは、ダー子が書いたてきとうな贋作です!ダー子らしさが伝わってきます。

 

ドラマ「コンフィデンスマンJP」第4話

国産うなぎを使った商品が人気だが、実は外国産うなぎを使うという食品偽装をしている「俵屋フーズ」社長がターゲット。

大の映画マニアで、ひょんなことから映画の台本を読んでしまい、リチャードとボクちゃん扮する映画プロデューサーと映画監督から出資してほしいと頼まれるが、映画マニアゆえに神聖化しているのでその世界には踏み入れられないと断ってしまう。

そしてダー子たちは新たな戦略で攻めるが・・・

みどころは、なんと言ってもダー子の色仕掛け!

 

ドラマ「コンフィデンスマンJP」第5話

野々宮総合病院の理事長、野々宮ナンシーは開業医の夫と結婚したが、夫亡き後は元モデル時代の知名度とイメージ戦略で病院を宣伝し切り盛りしている。

手術がにがてな息子をスーパードクターと祭りあげ、患者からワイロを受けとり、その額によって手術の優先度を決めていた。

金なき患者は病院から追いだし、自身はホストクラブ通い。

ナンシーをだますために、ナンシーに病気があるはずと健康診断をするがナンシーは健康体だったため、診断結果を大動脈瘤がうつっている画像とすり替える。

そしてナンシーは手術をうけることになるが・・・

みどころは、ナンシーの手術はどうするの?という心配も、天才ダー子には心配無用でアッパレな手口!

 

ドラマ「コンフィデンスマンJP」第6話

斑井コンサルティング代表取締役社長、斑井満は、名声と金に人一倍執着している。

さまざまな肩書きをもつコンサルタントとして地方創成のためと称し、モール建設などと甘いことばで住民から土地をタダ同然で買いあげるが、計画を中止させて土地を転売し荒稼ぎしている。

父がアマチュア考古学者だったことから、幼少期は一緒に発掘を行なっていたが父の死後に、借金の山を押しつけられ考古学そのものまで嫌いになってしまう。

ダー子たちは、遺跡発掘の可能性があるとして工事を止めようとするが・・・

みどころは、斑井の失っていた気持ちを取り戻させるダー子の行動です!

 

ドラマ「コンフィデンスマンJP」第7話

資産家与論要造は、病で余命がいくばくもない状態。

若いころは違法スレスレの株式操作で莫大な利益を築きあげた経済ヤクザ。

愛人を多数つくるなど、金と女にしか興味がない人物で家族をかえりみず、与論家に引き取られていた愛人の子と、正妻と子どもに家出されてしまう。

ダー子は愛人の子に扮し与論家にもどり、結婚が破断になったと要造に信じ込ませ、要造は破断相手(ボクちゃん)の坂口を呼びだす。

その場で要造と坂口は親子盃をかわし、同居することになる。

みどころは、要造の死後ダー子たちのとった、心があたたかくなる行動です!

 

ドラマ「コンフィデンスマンJP」第8話

MIKAブランドの社長、美濃部ミカ。

テレビの通販番組に出演するなどメディア露出が多いが、激昂しやすく多くのスタッフを鬱で辞めさせてきたパワハラ社長。

美に対する強いポリシーをもち、じぶんだけでなく他人にも美を追い求めるがゆえに、意識のひくいスタッフへの叱責、さらに採算度外視でも美を求める。

ダー子たちはミカへ詐欺を仕掛けるも計画は失敗してしまい、つぎの計画を企むが、ダー子はミカの内面を見抜き撤退してしまう。

みどころは、いつものように大金を奪うのではなく、ミカの生活を見届けるダー子の優しさが伝わってくるところです!

 

ドラマ「コンフィデンスマンJP」第9話

トークアプリ「モスモス」の開発により億万長者となったIT社長、桂公彦。

スポーツ好きとして野球やサッカーのチームを買収しオーナーとなるが、選手の解雇やコーチ陣の総入れ替えなどを独断で決行していた。

チーム崩壊後は放りだしてしまうため、残されたチームは苦境に立たされてしまう。

悪評が広まっているため、どのスポーツクラブからも相手にされていない状態だったが、ダー子たちによってつくられた架空のバスケットチーム「熱海チーターズ」からオーナーにならないかと持ちかけられ2.5億円で契約をする。

みどころは、架空のバスケットチームの熱海チーターズが詐欺の計画関係なしに一生懸命に練習をしているところです!

 

ドラマ「コンフィデンスマンJP」第10話

コンフィデンスマンから足を洗ったボクちゃんが出会った、鉢巻秀男。

過去に母親の遺産を結婚詐欺ですべて奪われ、その詐欺師はダー子とリチャードではないかとボクちゃんに話す。

憤慨したボクちゃんは、秀男をダー子が住むスイートルームに招くが、その際秀男は屈強な部下をひきつれて部屋に押し入り、ダー子、リチャード、ボクちゃんを拘束する。

秀男の正体は中国系マフィアのボスだった。

父を騙し死に追いやった詐欺師への復讐を企み、マフィアなどの情報からその詐欺師はダー子たちなのではないかとと突き止め、自白をさせる。

そしてリチャードが密かに呼んだ警察が近づくなか、3人の持ち金15億を自身の口座に振り込めば命だけは助けると告げるが、その約束を反故にし3人を撃って撤収してしまう。

だが実はダー子のターゲットはかねてから秀男であり、発砲した銃はすり替えられた血のりが出るニセモノだった。

みどころは、3人が撃たれてしまう場面がハラハラドキドキで、結末はやっぱり痛快なところです!

 

コンフィデンスマンのスペシャル「運勢編」と映画「ロマンス編」の時系列

映画ロマンス編の公開翌日にスペシャルドラマとして放送された運勢編。

時系列はどうなっているのか気になるところです!

 

コンフィデンスマンのスペシャル「運勢編」のあらすじ・みどころ

日本を舞台に、日本人ならだれでも気になる運勢をテーマに描かれる。

ダー子、リチャード、ボクちゃんは信用詐欺をくりかえす相変わらずの日々を送っている。

ダー子は新しいターゲットとして投資家の阿久津に狙いをさだめる。

阿久津は投資家とは名ばかりの闇金業者で、違法の賭けポーカーの元締。

ダー子から阿久津の名前を聞いたリチャードとボクちゃんは、ターゲットにするには相手が悪いと反対する。

しかしもちろんダー子はふたりには耳もかさず、なかば強引に彼らふたりを巻き込み、阿久津の金庫にある3億円をねらってさまざまな策略を巡らせますが、周りのひとの運を吸いとる強運の持ち主といわれる阿久津に返り討ちにされる。

その後3人はツキに見放されたように簡単な詐欺でも失敗をかさねる。

阿久津に執着するダー子にふたりは愛想をつかし、ダー子のもとを離れますが・・・

みどころは、百戦錬磨のダー子も阿久津が相手では詐欺が失敗してしまいますが、自らを犠牲にしてでもなんとしてもだまそうとするところ。そしてやっぱりダー子は最強です!

 

コンフィデンスマンの映画「ロマンス編」のあらすじ・みどころ

ロマンス編のターゲットは香港マフィアの女帝で冷酷さから氷姫という異名をもつラン・リウ。彼女がもつ伝説のパープルダイヤをねらってダー子たち3人は香港へむかいます。

ですが、以前ダー子の恋人役をした天才恋愛詐欺師ジェシーもパープルダイヤをねらっていることが判明。

以前ダー子たちが大金を騙し取った赤星のすがたもチラつきはじめる。

ダー子たちの詐欺にもジェシーの詐欺にも引っかからないラン・リウ。そこでふたりは手を組むことにするが・・・

みどころはなんと言っても、ダー子がジェシーの登場により心が揺れる様子。恋愛には一切興味なしのダー子でしたが恋人役をしたジェシーを前には乙女になってしまいます。

 

コンフィデンスマンのスペシャル「運勢編」と映画「ロマンス編」の時系列は?

時系列としてはロマンス編→運勢編となっています。

ロマンス編のエンドロール後に告げられたターゲットが、スペシャル運勢編でのターゲットになっているのです。

 

コンフィデンスマンの時系列まとめ

いかがでしたでしょうか?

月9は恋愛モノが多いですが、コンフィデンスマンJPはコメディタッチで悪人をからお金を騙しとる様子が見ていてスカっとします!

長澤まさみの変装姿もかわいくて、何度も見返したくなるドラマです。

以上、『コンフィデンスマンのドラマ時系列まとめ!スペシャル運勢編と映画ロマンス編も紹介』でした!

Pocket