ニュース

沖縄県うるま市の豚コレラの感染経路は鳥の菌の持ち込みや非加熱の餌が原因?ネットやツイッターの情報まとめ

沖縄県うるま市の豚コレラの感染経路は菌の持ち込みや非加熱の餌が原因?ネットやツイッターの情報まとめ

沖縄県うるま市では2020年1月8日に養豚場で、豚コレラ(CSF)への感染が確認されました。

沖縄には豚肉の美味しい郷土料理がたくさんあり、銘柄豚の「アグー豚」が有名ですが、そのアグー豚も豚コレラに感染していて殺処分の対象となっています。

岐阜県でも豚コレラが見つかった時に、野生イノシシが媒介していたとの情報がありましたが、沖縄県うるま市の場合の感染経路とは別ルートで持ち込まれた可能性があるとのことです。

この記事では、「沖縄県うるま市の豚コレラの感染経路は鳥の菌の持ち込みや非加熱の餌が原因?ネットやツイッターの情報まとめ」と題して、沖縄県うるま市の豚コレラの感染経路は菌の持ち込みの可能性や豚が食べていた非加熱の餌からの可能性について&ネットや沖縄県うるま市の豚コレラに対するツイッターの反応をご紹介します。

 

沖縄県うるま市の豚コレラの感染経路は鳥の菌の持ち込みや非加熱の餌が原因?

沖縄県うるま市では、アグー豚などが豚コレラに感染していたとして、約1800頭の殺処分が開始されました。

しかも感染が確認された農場では、年末年始に約50頭の豚が不審死していましたが、原因が分からないと言うことで出荷を続けていました。

このために、これから感染が拡大する恐れがあります。

沖縄県内での感染確認は1986年以来の34年ぶりです。

岐阜県が最初で国内26年ぶりに発生しました。

その後、近畿や関東などなどに広がりましたが、九州では感染が確認されていなかったために、沖縄の豚コレラの感染経路がまだわかっていない状況です。

 

沖縄県うるま市の豚コレラの感染経路は鳥やネズミや旅行者が菌を持ち込んだ?

今回の沖縄県うるま市で見つかった豚コレラは、本州で見つかった豚コレラと同じ遺伝子を持つ物だとわかりました。

感染経路として挙げるならば…

  1. 豚コレラに感染していた豚肉を沖縄県に持ち込んだ場合
  2. 旅行者や鳥ネズミが豚コレラの菌を持ち込んだ場合

の2通りの可能性があります。

次に豚コレラの感染経路が非加熱の餌の可能性をお話しします。

 

沖縄県うるま市の豚コレラの感染経路は非加熱の餌?

今回、豚コレラの感染が確認された養豚場では、豚の餌を加熱していませんでした。

本来沖縄県では、豚の飼料に使う食品残さを加熱するよう呼び掛けていました。

非加熱の餌の中に生肉が入っているとウイルスが生きたままなので、そこから感染します。

まだ感染経路が確定していませんが、非加熱の餌から感染した可能性もあるとして、調査をしているようです。

 

沖縄県うるま市の豚コレラの感染経路は?ネットやツイッターの情報

 

沖縄県うるま市の豚コレラの感染経路は鳥の菌の持ち込みや非加熱の餌が原因?ネットやツイッターの情報まとめ

以上、「沖縄県うるま市の豚コレラの感染経路は鳥の菌の持ち込みや非加熱の餌が原因?ネットやツイッターの情報まとめ」をご紹介しました。

旅行者や鳥ネズミなど、何かしらが沖縄県に豚コレラの菌を持ち込んだ可能性や、豚コレラに感染した肉を非加熱のまま豚に与えた可能性があります。

豚コレラに感染した豚を万が一食べても、人間には感染しません。

しかし、風評被害はすでに始まっていると思います。

一刻も早くに感染経路を突き止めて、感染拡大を防いで欲しいと願います。

Pocket

人気記事はこちら