キャスト相関図

伝説のお母さんドラマキャスト一覧や相関図を紹介!

伝説のお母さんドラマキャスト一覧や相関図を紹介!

NHK総合で毎週土曜のよる11時半から放送中のドラマ「伝説のお母さん」は見ていますか?

今回は「伝説のお母さん」ドラマキャスト一覧や相関図をご紹介します^^

このドラマ「伝説のお母さん」の原作はかねもとさん作の「伝説のお母さん」というマンガになっています。

ドラマのキャストや相関図が気になりますよね~!

この記事では、ドラマキャスト一覧と原作の紹介もあわせてまとめましたので、ぜひ最後までご覧ください!

 

伝説のお母さんドラマキャスト一覧や相関図

では、ドラマキャスト一覧をご紹介します。

 

主人公・メイ(28):前田敦子

メイは、かつて魔王を封印した史上最強(レベル:93)の魔法使い。

現在は夫モブは家事育児が出来ない(やらない)ので、ワンオペ家事育児と戦う毎日を送っている。

そして、ひとり娘のさっちゃん(0歳8か月)を抱え、専業主婦で初めての子育てに奮闘している。

メイ自身も「家事育児はお母さんの仕事」という思いが強く、一緒に子育てしてくれない夫のモブにも強く言えてない。

しかし、復活した魔王を討伐するよう国王の命令で、さっちゃんと旅に出る!

 

夫・モブ(30):玉置玲央

メイの夫であるが、計画性はなくゲームとゴロ寝が大好きなダメ夫。(レベル:13)

モブは「男は一家の大黒柱」という思いが強く、メイに対してコンプレックスを隠し持っている。

娘のさっちゃんのことは可愛いと思っているが、うんちのオムツは変えられないし、ミルクも作れない。

おだてに弱く、人が良いのが欠点。

 

娘・さっちゃん[さつき](0):岡部明花俐・岡部光花俐(2人で1役)

メイとモブの娘で今生後8か月。(レベル:1)

さっちゃんは、メイとともに冒険に出ることになる。

最近、ハイハイとつかまり立ちを覚えて得意顔をするのがマイブーム!

大好物は、柔らかい食パンとたまごボーロ。

 

国王の士官・カトウ(25):井之脇海

カトウは、実直な仕事ぶりで人望も厚く、国王に仕える若き士官。(レベル:46)

10年前の魔王侵攻の時に、メイに家族を救ってもらった過去がある。

その恩もあって、冒険と育児の両立に悩むメイを支えようとするが、国王の無茶ぶりに振り回されて、いつも苦労が絶えない。

 

伝説の勇者・マサムネ(30):大東駿介

マサムネは、伝説の勇者であり、もうすぐ2人目が生まれるイクメン。(レベル:91)

勤務先の商社では男性の育児休暇の第1号となった。

しかし、社内の風当たりは強く、常に疲れている。

性格は、根がテキトーで目立ちたがり屋だから持ち歌を歌っちゃう。

リーダーっぽい決め台詞を言いたがるけど、大して心に響かないのが残念なところ。

実は、モブとは悪友同士。

 

伝説の盗賊・ベラ(38):MEGUMI

ベラは、伝説の盗賊であらゆる情報に精通し、世界を見通す力がある。(レベル:87)

夫と離婚して、ベラ一人で8歳の息子ベルを育てている。

ワーキングマザーで完全男社会な盗賊会社(社是は「一日一盗」)で日々マミートラックと戦っている。

パーティでは、裏ボス的存在でマイペースなメンバーをまとめている。

 

伝説の戦士・ポコ(26):片山友希

幼いころから誰よりも強くなろうと努力をして、10年前の魔王討伐では最年少でパーティ入りを果たした伝説の戦士。(レベル:82)

普段は酒場で用心棒&アルバイトをしている。

性格は、常識にとらわれずマイペースだが芯のある女性でありお酒好き。

 

僧侶・クウカイ(23):前原瑞樹

今回のパーティの新メンバーになった僧侶。(レベル:59)

神の声を聴き、傷を癒すことを得意としている。

調子がよく、何かと憎めない後輩キャラ。

始め「子育ては女の仕事」とリーダーのいう事は絶対!みたいな発言を繰り出していたが、子育て中のメンバーやポコと旅の行動を共にすることで、少しずつ変わっていく。

 

国王:大倉孝二

メイたちの国の王さま。(レベル:偉い)

子育て政策には無関心で、国でラグビー世界大会を開催するのが夢なのです。

「私、偉い?」が口癖で、士官のカトウや3人の大臣たちをいつも困らせていますが、テキトーなようで、たまに鋭い発言をします。

 

魔王:大地真央

過去にメイたちに封印された、魔界を支配する王。(レベル:MAX)

侵略のため人間を研究している。

しかし魔族は雌雄同体であるため、「男だから」「女だから」という概念が理解できない。

人間界の「ショウシカ」「ワンオペ」「タイキジドウ」に付け入った奇策を考え、魔界に保育園を作った。

「人間は複雑怪奇だ…」「…愚かな人間どもめ」が口癖。

 

魔王の側近:村上新悟

いつもクールで長年、魔王に仕える右腕。(レベル:???)

10年前メイたちに魔王を封印されたことを恥じて、魔王復活に力をつくした。

日々、人間の研究をし人間社会の矛盾や弱点を、非常に良い声(イケボ)で魔王にプレゼンする。

緻密な作戦を実行し、魔王を驚かせることが喜び。

 

魔界のおにいさん・おねえさん:小林よしひさ・上原りさ

体操と歌が得意な魔界のタレント。(レベル:???)

トレードマークは、おにいさんはサンバイザーとおねえさんはポニーテール。

子どもたちとその親から絶大な人気を誇り、魔王が人間界について学ぶためのDVDシリーズに登場する。

 

 

相関図については、公式サイトにまだ掲載されておりませんので、掲載され次第、随時更新していきたいと思います。

 

伝説のお母さん脚本・制作スタッフは誰?原作も紹介!

ここで、伝説のお母さん脚本・製作スタッフをご紹介します。

脚本は、玉田真也・大池容子の2名です。

玉田真也プロフィール

2011年劇団青年団演出部入団。2012年舞台「果てまでの旅」、「夢の星」、2013年「臆病な町」、「ご飯の時間」、2014年「宇宙のこども」、「少年期の脳みそ」、2015年「強くなりたい」、「テアトロコントvol.2」、2016年「あの日々の話」、「怪童がゆく」などで作・演出・出演を務める。そのほか、2015年テレビ朝日「仕返さナイト」構成、2016年「シェアハウス」脚本・出演、2017年「獣道」に出演。

大池容子プロフィール

2010年劇団青年団演出部に入団し、演劇ユニット・うさぎストライプを結成。舞台「転転転校生」出演、「おやすみなさい」作・演出・出演、2011年「おかえりなさい」、2012年「いないかもしれない 静ver.」、「セブンスター」、2013年「God save the Queen」、「MOTHERII」、2014年「空想科学」、「デジタル」、2015年「前向きな人たち」、2016年「わかば」、「みんなしねばいいのに」、2017年「バージン・ブルース」などの作・演出を手がける。映画では2010年「歓待」、2012年「戦争と一人の女」、2013年「あいときぼうのまち」、2015年「幕が上がる」に出演。WEBムービーでは2009年「恋する血液型 Season2 B型編」、2016年「クレライフ劇場 第二話『加藤さん』」の脚本を担当。そのほか、2013年にアトリエ春風舎の芸術監督に就任、高校演劇地区大会の審査員を務めるなど活躍している。

引用:ザ・テレビジョン|タレント

脚本を手掛けるのは新進気鋭の若手のお二人です。

プロデューサーは上田明子、演出は村橋直樹です。

原作マンガは、かねもと作「伝説のお母さん」。

実写ドラマ化の話を聞いた時はビックリしたそうですが、「子どもと自分の人生のバランスをどうやってとっていくか」というテーマで描き続けているマンガとのこと。


子育て世代へ向けてのメッセージがたくさん込められていると思います。

 

伝説のお母さんドラマキャスト一覧や相関図まとめ

今回は伝説のお母さんドラマキャストや、製作スタッフ、原作についてご紹介しました。

ドラマも折り返し地点ですので、ぜひ最後までご覧になってくださいね。

以上「伝説のお母さんドラマキャスト一覧や相関図を紹介!」でした。

Pocket